DITA導入支援サービス

DITA導入支援サービス(DITAシェルパコース)とは

お客様のDITA導入成功(登頂)に向けて、登攀すべきフェーズ(道程)を御提示し、全フェーズにおいてシェルパ(専門家)がご支援する包括的なサービスです。これまで国内大手企業、十数社で導入いただいた実績を有します。

 

DITA導入のフェーズ

DITA登頂を確実に成功させるために、査定、制作検証、パイロット導入、本格導入の4つのフェーズを設定しています。各フェーズで必要となるサービスをご用意しています。

 

各フェーズの概要

フェーズ 目的 方式 ご提供サービス
査定 お客様の制作環境にDITAが適合するかどうかのアセスメントを行います。
 
すなわちお客様がDITAを導入すべきかどうか、できるかどうかの査定を行い、導入の指針を御提示します。
お客様のドキュメントと制作環境を分析し、DITA化の難易度、実現レベル、導入効果とリスクを査定し、お客様にとって最適な導入方式と費用感をご提案します。 DITAアセスメント
制作検証 お客様のドキュメントをDITAを使ってライティングできるか、またそのDITAコンテンツから自動組版で出力した成果物が、市場価値を有するか、の検証を行います。
 
このフェーズを通して、DITAのしくみを理解し、制作スキルの習得を行います。
DITAライティング実習
DITAの仕様理解とDITAライティングスキルの養成を行いDITA化を実施します。
 
スタイルシート設計開発
実用的なスタイルシートを設計開発し、DITAからPDF出力を実施します。
DITAマスター基礎コース
 
DITAマスター応用コース
 
DITA構造設計策定コース
 
スタイルシート開発受託
パイロット導入 お客様の制作業務をDITAに移行するための導入準備と実践ノウハウの習得を行います。
 
具体的には、DITACMSを有効利用する制作プロセスを立案し、自社に最適なCMSの機能要件と運用ルールを定義します。
 
同時にDITAコンテンツから多言語展開する方式を策定し、コンテンツ管理と翻訳システムの連携方式を立案します。
制作パイロットチームを編成し、クラウド型のDITA CMSを仮導入して、チームワーク制作と、トピックコンテンツ管理を実践します。
 
従来のDTPベースの翻訳から、トピックベースの翻訳へ移行するためのノウハウの教授と指導を行います。
パイロット制作支援サービス
 
DITA多言語化コンサルティング
本格導入 これまでのフェーズで得た知見と成果物をもとに、お客様にとって最適なDITA CMSを選定し、実運用に入ります。 お客様が必要とするDITA CMSの機能要件を洗い出し、RFP(提案依頼書)としてまとめ、それをもとにCMS製品のコンペを実施し、最適な製品、システム方式を選定します。
 
DITAエディタのカスタマイズを行うことで、専門知識が無くても、優しいマウス操作で要素、属性を設定できるようにします。
RFP策定サービス
 
DITA CMS選定支援サービス
 
DITAエディタカスタマイズサービス