DITAツール

Posted on

ライセンスフリーのDITA CCMS「Danteフリー」

1. Danteフリーとは

DITA専用のCCMS製品「Dante」のライセンスフリー・バージョンです。
現在Danteの最新は Ver.2 ですが、従来の Ver.1 はライセンスフリーとなっていて、ユーザーに自由に利用してもらうことができます。ユーザー数や機能、データ容量などに制限をかけていませんので、DITA制作の本番で運用していただくことができます。

2. Danteフリーの特長

DanteフリーはDITAコンテンツの管理に特化した製品です。CCMSならではのユニークな機能を持っています。
 
(1) リポジトリとしてIBM社のXML/RDBハイブリッドデータベース「DB2」をバンドル
DBとしての堅牢性を保証しながら、DITAコンテンツ管理に必須であるXMLネイティブな処理ができます。
 
(2) Ajaxを活用しWeb上でもWindowsライクの優しい操作性を実現
マウス操作だけでほとんどの処理が可能。マスターtopicのプロジェクト間共有などDITAならではの機能を優しい操作で実現できます。
Dante-1
(プロジェクトフォルダーとコンテンツビュー)
 
(3) map、topic、画像間のリンク・参照関係をネットワークビューで表示
任意のファイルを起点としてリンクやconref, keyref等の参照関係を正引き、逆引きで描画可能。あるファイルを変更、削除する際の影響範囲を可視化できます。またこのビューからもファイルへの操作が可能です。
Dante-2
 
(mapを起点として全ての関係をネットワークビューした結果)

(4) ユーザー自身でカスタマイズが可能
表示、ソート、検索で使うファイルのメタ情報やアイコン、ダブリスト項目、アクセス制御項目など簡単にカスタマイズできます。さらにDanteは純国産製品ですので、ユーザー独自のUIや社内システム連携などのカスタマイズ開発をお請けすることができます。

3. Danteフリーの稼働環境

<OS>
・Windows Server 2012 Standard(パッチ:Windows8.1-KB2919355 Windows8.1-KB2919442)
・Windows Server 2016 datacenter(Ver.1607 ビルド14393.447)
・Windows 10 Pro 64bit(Ver.1809 ビルド17763.316)

<ミドルウエア※>
・.NetFramework4.0 FullSet
・IIS(OS準拠)
・JDK-7
・DB2Express-C Ver.10.5(Danteフリーにバンドル)
※ミドルウエアのインストールはDanteフリーのインストール作業時に行われます。

<ハードウエア>
・CPU:Xeon E3-1200クラス以上・2Core以上
・Memory:8GB以上(64bitでは16GB以上を推奨)
・ディスクサイズ:
  システム:20GB以上の空き
  データ :20GB+登録ファイル×履歴×1.5倍(DB2内に保存)程度

4. Danteフリーの費用

Danteフリーはライセンス費用はかかりません。
ただし以下の導入作業費用として198,000円(税別)が発生します。

<導入作業>
・お客様現地でのインストール作業※
・現地教育(ユーザー向け、管理者向け)
・マニュアル代
※東京都以外の場合は別途出張費用がかかります。

<オプションサービス>
・技術サポートを希望されるお客様には年間380,000円(税別)でお請けします。
・クラウド環境でのご利用も可能ですのでご相談ください(クラウド使用料は別途発生します)。

5. Danteフリーの申込や詳細説明

アートダーウィンはDanteフリーのSole Delivery Agent(普及パートナー)です。Danteフリーの使用申込や詳細説明は弊社にて承ります。

お問合せページにお客様の情報をご記入いだだき「ご意見、ご要望などありましたらご記入下さい」欄に「Danteフリー」と記入し「送信」してください。追って弊社担当者から御連絡させていただきます。